パソコンのお掃除をしましょう

年末です。今年もそのパソコンのおかげでたくさん「いい仕事」したはず(笑)

大掃除の前に、感謝を込めてパソコンもきれいにしましょう♪

本体外装のお手入れ

1.パソコンには吸気口と排熱口がだいたいありますが、吸気口にホコリがつまっていると冷却がうまくいきません。掃除機やガムテープでペタペタしてホコリを取り除きます。

2.固く絞った雑巾で拭きます。汚れがひどいなら薄めた洗剤などで拭きましょう。

モニターのお手入れ

1.液晶モニターの場合は画面自体はあまり触れないほうがいいです。ハンディモップなどでかるく表面のホコリを払うぐらいにしておくのがいいでしょう。

2.ブラウン管のCRTモニターの場合は固く絞った雑巾なら画面を拭いても大丈夫ですが、化学雑巾などを使うと表面の反射防止コーティングが剥がれることがあります。水のみで拭くほうがいいと思います。

3.モニターの上部には放熱口があります。中にホコリを押し込まないように掃除機などで吸い取ります。

4.固く絞った雑巾で軽く拭き上げておしまいです。

キーボード・マウス

1.マウスとキーボードはトイレの便座より細菌が多いと言われます(笑)これも固く絞った雑巾でよく拭きます。

普段は気がつかないけど、よく見るとちょー汚い!のがキーボード

2.キーボードは裏返して軽くたたくとビックリするぐらいゴミが落ちてくると思います(・_・;)
いっぱい出てくるからと言って乱暴にたたき過ぎないように注意しましょう。

3.キーのすき間の汚れが気になる方はサイバークリーンなどでペタペタ取ると便利です。

それでもすき間の汚れが気になる方は、綿棒ですき間を地道に掃除してもいいんですが、いっそのことキーを引き抜いて1個ずつ拭き上げるとピカピカになります♪そのかわり壊すこともあるので自己責任でお願いします。

キートップを外すと驚きの光景が!! 外して拭く前(右)と拭いた後(左)

ドライバーなどでこじって外すこともできますが壊してしまうこともあるので、キートップ引抜工具というものがあります。これを使ったほうが壊れにくいです。面白がって外しまくるとどのキーがどこにあったかわからなくなって面倒になります。少しずつにしましょう。

これでキーをはさんで引っこ抜くわけですね

また、ノートパソコンなどはキーが外せるものってたぶん無いと思います。デスクトップであっても、どのキーボードでもキートップが外せるわけではないので注意しましょう。

 
終わるとピッカピカでございます!

安ければ2,000円ぐらいでも買えるキーボードですが
普段自分が使う道具ですから、あえてお掃除することに意味があると思いますよ?

パソコンの中のお掃除

1.中のお掃除はパソコンが壊れる可能性があるので自己責任でお願いします

2.本体を開けます。機種によりますが開け方はマニュアルに記載されていることが多いです。

土足の事務所で1年も使うとだいたいこんなもんです。 冷却ファンにもほこりがみっちりです(汗)

3.掃除機にパソコン掃除用のアタッチメントをつけて慎重にホコリを吸い取ります。

一見ただのブラシですが静電防止もしてあるスグレモノ 掃除するとこんなに違います!
便利なのにかなり安い

4.特にホコリがつまりやすいのがCPUファンとヒートシンクです。

ファンの形にホコリがつまっています(笑) 元々はこういう状態の部品なんですけどね・・・

CPUがうまく冷却できないとパソコンがフリーズしたり、突然再起動したりすることがあります。
夏のトラブルでよくご連絡頂くパターンです。

※写真のようにヒートシンクまで外したならシリコングリスなどでCPUときちんと密着させるのをお忘れなく♪

最後に元通りフタを閉めて、起動テストをしましょう。

最後に

ね?簡単でしょう?と思ってもらおうと、書き始めたのに結局清掃作業のご紹介になってしまって
誰にでもできる内容ではなくなってしまった気がしますが(汗)
毎日使う道具だからこそ、愛着をもって大切にして頂きたいと思っています。
いい仕事はいい道具から♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする