PCA商魂8V.2の伝票をフロッピーから復元できない

もうじき年末ですねー
今年の仕事はだいたい区切りがついてきたので来年に向けて色々とがんばっていきますよー

今回はPCAの販売管理ソフト商魂8V2の伝票データの移行ができなかった問題についてです。
お客様からヒントをいただいて解決できました♪
プロとしては本当はダメなんですけど(汗)

さて、商魂8V2はメーカーのサポートもとっくに切れている古いソフトですが、今でも現役で使われているのを時々見かけるソフトです。Windowsのサポートが切れたり故障したりして他のパソコンに入れ替えることになるとデータはもちろんのことですがカスタマイズ済みの伝票データも移行したいってことになります。

この商魂8V2なんですがデータのバックアップや伝票データの移行にフロッピーを使用するようになっています。バックアップデータはハードディスク内にも保存することができるんですが、伝票データはフロッピーにしか保存することができません

フロッピー自体は今でもUSB接続のフロッピードライブなどがアマゾンなどでも手に入りますし、ちょっと操作は難しくなりますが仮想FDDというソフトもありますのでフロッピードライブ自体がなくても使用することはできます。仮想FDDならこちらがおすすめです。
(ImDisk Virtual Disk Driverのダウンロードページです)

フロッピーが準備できたら商魂8V2の画面からバックアップを行いフロッピーに帳票を保存します。復元も同じところで行いますが、この時にフロッピードライブを認識していないことがあります。ここが問題。

商魂がフロッピードライブを認識してない場合、何をどうやってもフロッピードライブからデータを移行することができません。

そんなある日、別件でそのお客様を訪問し、商魂がフロッピードライブを認識しないPCでプリンターのトラブルに対応していたところ、なぜだか商魂がフロッピードライブを認識して問題なく伝票データが移せるという奇跡が起きました。

自分で操作しておきながら、どうして問題が解消したのか全然わからなかったんですが、その会社の方が「鈴木さん商魂をインストールしなおしてましたよね?それじゃないです?」と教えてくださいました。

そう!フロッピードライブを認識していない時には商魂8V2を再インストールすればいいのでした。するとフロッピードライブを認識して正常にデータを読めるようになるというわけ。

ソフトのトラブル時にはインストールしなおしてみるというのは、基本的な対応方法なんですが、まさかそれが関係しているとは全然思いつきませんでした。

これで次回から同じトラブルが起きても自信をもって対応できます♪

Aさんありがとうございました!ヾ(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする